基本的な文章題(かけ算)

このレッスンでは基本的な文章題(かけ算)を学習します。
問題文には必ず答えのヒントがあります。よく読んでみて、正確な式を立てましょう!

スライドはスマホで見る場合スライドしていただくこともできますし、キーボードの左右のボタンを利用していただくこともできます。

基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
基本的な文章題 掛け算
スポンサーリンク

合計をするときに・・・

あわせていくつ?全部でいくつ?

これらと似たような言葉が出てきたら足し算をすればよいと、
以前このサイトでは書きました。

ただ、足し算を楽にできる場合があります。
以下に例を示しましょう。

例)300円のぶどうを7個買いました。
全部でいくらでしょう?

この時足し算で式を作るなら、下の式になります。

300 + 300 + 300 + 300 + 300 + 300 + 300

300を7回足し合わせる式になるんですね。

(300+7とするのはNGです。単位が違うので300と7は足し算できません。)

さて、同じ数を繰り返し何回か足し算する場合は、
かけ算をつかうことができました!

これをつかえば、

300 × 7

このように一発で計算できる式になります。

問題文を冷静に見てみよう

文章題で足し算を使うカギとなる「合わせて」「全部で」。

このような言葉が出てきたとき、問題文をよく読んでみましょう。

落ち着いてみてみれば、掛け算で楽をできるかもしれません。

焦らずに式を作ってから、計算を行いましょう。

お薦め問題集

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
解説一覧はこちらから 大人向け算数教室大人塾
スポンサーリンク
スポンサーリンク