足し算のくり上がりのやり方

このレッスンでは足し算の繰り上がりを学びます。
足し算の繰り上がりとひっ算は、すべての計算において基本となります。しっかりと習得しましょう。

スライドはスマホで見る場合スライドしていただくこともできますし、キーボードの左右のボタンを利用していただくこともできます。

足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
足し算の繰り上がり
スポンサーリンク

基本に立ち戻って

計算の中でも一番の基礎である足し算。
それだけに日々生活している時でもよく使ったりしますよね。

例えばお金の計算。
スライドでは、くぬぎ君と杏ちゃんがお金の持ち合わせを確認してるみたいです。
でもお金の計算って、数が大きくなりがちですよね。
そんな時に使えるのが筆算です!

筆算の基本は、計算したい数字をたてに並べることから。
その時「お尻を合わせて書く」のがポイントです。
数字の1の位が縦に並ぶようにするんですね。
並べたら、足し算の場合は「右からたてに」足していきます。

この足し算でときどき起こるのが「くり上がり」です。
一つの位に10のかたまりができたとき、次の位の上に持ち上げるんですね。
そうすれば、計算を続けてできるようになります。

今は苦手な計算も繰り返せば必ずモノにできます!
これから計算のベースを築いていきましょう!

オススメ問題集

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
解説一覧はこちらから 大人向け算数教室大人塾
スポンサーリンク
スポンサーリンク