計算の順番(たし算・ひき算編)

このレッスンではたし算・ひき算・( )の計算順序を学習します。
『( )の中』と『前から』というキーワードを覚えてください!

スライドはスマホで見る場合スライドしていただくこともできますし、キーボードの左右のボタンを利用していただくこともできます。

加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減
加減




計算の順番が変わる

( )が無ければ、足し算引き算に怖いところはありません。いつも通り、前から順番に計算していけばよいのです。

では、( )があると何が変わるのでしょうか。

変わるもの。それは、計算の順番です。

( )がない時

例えば、下のような式を解いてみてください。

  • 95-20-13=?
  • 25-11-8=?

これらはもちろん、前から順番に計算すればよく、『95-20=75』『25-11=14』なので、

  • 75-13=63
  • 14-8=6

のようになります。

( )があるとき

それでは、次のような式を解いてみてください。

  • 95-(20-13)=?
  • 25-(11-8)=?

これは先ほどとは違います!

( )は、「( )の中から先に計算せよ」という意味であり、『20-13=7』『11-8=3』なので

  • 95-7=88
  • 25-3=22

のようになります。

同じようで違う式

例として挙げた4つの式は、似ているようで全く違う計算結果となりました。それもこれも、「( )があるから、計算の順番を変えなければならなかったから」です。

( )がある式には注意していきましょう。

お薦め問題集

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017