損益算に挑戦!

SPI-U 、SPI-G、ウェブテスティングなどに出題される「損益算」
大人塾ではSPI-Uの模試に含まれている問題です。

今まで2873名が本問題に挑戦!正答率は39.3%の問題です。

スポンサーリンク

まずは問題に挑戦してみましょう

ある商店では、定価で販売すると原価の3割の利益が得られるような価格設定をしている。

商品Pを定価の1割引きで販売する時の値段は936円である。商品Pを定価で販売した時の利益はいくらか。


答えを見る前に解いて下さいね!



解答

正解:240円

誤答ランキングです(問題は選択式、()内は選択率)
1. 248円(14.4%)
2. 728円(11.6%)
3. 250円(11.3%)

※正答率は、なんらかの解答をした1739名を母数にしています(白紙解答は母数に入れていません)
※白紙解答を母数に入れると正答率は23.8%です。

解説

まずは定価を求める。
定価をxとする。
「商品Pを定価の1割引きで販売する時の値段は936円である」を式にする。
1割引で販売するので
x×(1-0.1)=936
x=1040・・・定価

原価をyとする
「定価で販売すると原価の3割の利益が得られる」を式にする
y×1.3=1040
y=800
問題は「商品Pを定価で販売した時の利益はいくらか。」
よって、
定価-原価
=1040-800
=240

ポイント

1.割引をするときは、1から割引率を引く
2.方程式を立ててから解く

お薦めの勉強方法

この問題で間違ってしまった場合、、
1.方程式
2.文章題を読む力(式を立てる力)
3.割合の概念
4.損益算の知識
が不足している可能性があります。

解説の一部を公開しております。理解が不足しているところを確かめましょう。
・一元一次方程式
・立式の基本(文章題に慣れる)
・割合の基本
・損益算基本

解説一覧はこちらから 大人向け算数教室大人塾